2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »

2019年11月の投稿

2019年11月29日 (金)

Jヴィレッジハーフマラソン2019参加賞

12/15開催予定の『第2回Jヴィレッジハーフマラソン』の
プログラム等と同封されて参加賞が一昨日届きました。

1912152jvtowelb
スポーツタオルです。聖火たいまつがデザインされてます。
福島県双葉郡広野町&楢葉町にある【Jヴィレッジ】は、『東京オリンピック2020』の聖火リレー出発地です。

※第1回大会は本年1月に開催予定でしたが雪で中止になりました

ぼんらん

2019年11月16日 (土)

映画『YESTERDAY』

イオンモールいわき小名浜店内『ポレポレシネマズいわき小名浜』にて映画鑑賞してきました。
1911162042ab
『YESTERDAY』です。パンフレットが小さいです(172mm×172mm)よ。
昨年大晦日の『ボヘミアン・ラプソディ』以来に映画館に出向きました。

1911170818ab
勿論、今回も【夫婦50】割引鑑賞です。割引ですと2人で2,400円です。
今現在映画館は一般一人1,900円。もう1人で映画館に行けないですな。

1911170734ab
ザ・ビートルズの存在が無くなった世界でビートルズソングを歌う映画

1911170735ab
主役のヒメーシュ・パテル(ジャック役)は歌も上手いですね。でも歌手のそれではない。その塩梅が適していると感じました。

ビートルズの姿がスクリーンに映されないビートルズ映画はこれで何本目ですか?
メンバーが登場しなくてもビートルズ映画が成立するところにも彼らの偉大さを思うのです。

※以下、ネタバレがあります

12秒の世界的停電で交通事故に遭った後には自分以外の誰もビートルズの存在を知らなかった。設定が突拍子もないですが、おかげで観てみたいと思いましたもん。コカ・コーラ、タバコ、ハリーポッター等も無くなってました。ビートルズとの関連は?と疑問でしたが、パンフレットの監督インタビューを読むと意味はなくランダムで選んだそう。ビートルズだけが消えた世界ではなかったのね。ストーンズを残しオアシスが存在しないのは意図的でちょっと予定調和かな。

誰もビートルズを知らないのだと知り、ネットでググるシーンが好きです。同時に今時の映画なんだなとわかりますが、それがなかったら何か1960年代からの20世紀当時の映像を見てるような錯覚に陥りそうでした。

エド・シーランが本人役として準主役級に出演されてますが、なんと、私はエド・シーランを存じ上げないのです。21世紀に入り、新しい音楽を聴きたいという欲求がなくなってしまいましたので世界的なミュージシャンでもわからない。最近、CDも大量に処分してしまい、益々、遠ざかっていますが断捨離の一環でそれでいいのだと思ってます。エド・シーランなんて知-らん。なんちて。

ジャック以外にビートルズを知ってる男女2人が出てきます。その事実から世界には他にもジャック的な境遇な方が何人もいるだろうと推測されます。2人からビートルズの曲を世に出してくれてありがとうと感謝され、悩むジャックに会ってみたらいいかもとある人物を紹介されます。それが78歳になった【ジョン・レノン】(ジョン役のロバート・カーライル似てました)。この映画の見所の1つですが、生きているなら音楽活動はしてないの?それこそビートルズは結成してないの?と尽きせぬ疑問が湧いてきますがそれはそれとしてやはりぐっと来ます。先月、79歳になりましたね。

見所といえば観覧前にネット動画を見ていいなと思ってた場面がなかった・・・。TV番組出演時、即興で『Something』を歌い、居合せた幼馴染みで元マネージャーのエリーが感激してしまう場面。このシーンを観るのを楽しみにしてたのに無かった。未公開映像ですか。それとも上映中に寝てしまったのか、俺?と焦りましたが、帰宅後再調査しましたらやはり削除シーンでした。居合せた相手もエリーではなく女優ロクサーヌ役のアナ・デ・アルマスでした。うろ覚えはこわい。ぱっと見、2人って似てたもんで。それはそうと、エリー役のリリー・ジェームスもこれまた初めて知りましたがかわいいですね。リリーもアナ・デ・アルマスもパティ・ボイド的なかわいさもあるような気がしちゃいました。

1911171118ab
劇中歌感想。この世界(映画の中で)に初披露された『Yesterday』はある意味クライマックスな描写。エリーとの『I Want To Hold Your Hand(抱きしめたい)』レコーディング・シーンは、映画『ボヘミアン・ラプソディ』におけるQueenのレコーディング・シーンを思い起こしましたね。実際、後追い演出なのでは。エド・シーランとの即興曲対決『The Long and Winding Road』は良かった。ピアノ1本で歌うから余計によかったです。【オリジナル】寄りで。エンドロールは『Hey Jude』。本編では『Hey Dude』に改題させられて歌う事になってしまっただけに回収されてます。

タイトルやエンディングからもポール・マッカートニーの曲が多し。ポール好きとしては嬉しいですが若干アンバランスさはあるかも。唯一、メンバー本人(未来のジョン)が出演してるから平均取れてますが、そういう意味でもジョージ・ハリスンの『サムシング』欲しかった。イエロー・サブマリンのおもちゃはリンゴ・スターの代役ですか。

本筋は恋愛映画なので、ジャックとエリーはお互いに素直になり晴れて結ばれハッピーエンド。ん、ハッピーエンドなのか?結局、ザ・ビートルズの存在する世界には戻らないのですね。音楽としてビートルズは伝説ではなく現在にも続くヒットメーカーを表現してるのはよいです。そして、ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの4人だからこそのビートルズと再認識しました。

1911161307bb
鑑賞後、店内のwave♪と娘が好きな『サイゼリア』にて昼メシ。

本日は我が家の『入籍記念日』でした。
だから映画鑑賞したわけではありませんが記念映画になりました。

ぼんらん

2019年11月 5日 (火)

七夕タペストリー

1911040304ab
wave♪作ミニタペストリーです。
ちょっと季節がずれての紹介になりましたが【七夕】デザインです。

1911040302ab
LDK棚に【梅いのしし】タペストリーと一緒に飾られています。

ぼんらん

« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »